現役スロプロとパチスロ初心者のサル(さとる君)の対話形式のブログ。初心者講座から新機種攻略まで幅広く。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
では今日は目押し講座第2回目にしよう。
前回の講座で勉強した事はちゃんと練習したかな?
今回の講座はボーナス絵柄を目押しできることが前提だからね。
もし、ボーナス絵柄が押せない人は「目押し入門」に戻って読んでくださいね。
僕は結構目押しできるようになりましたよ。
たまに失敗するけど。
プレステ2用のソフトとスロコンで練習してます。
なかなか勉強熱心だね。
良い心がけだよ。

では、今回は目押しで小役を取るって事を勉強しよう。
2人は小役ちゃんと狙ってるかい?
告知か演出があれば・・・
小役なんて見えないよう・・・orz
さとる君、小役は見えなくてもボーナス絵柄を狙えれば簡単に取れることができる場合がほとんどなんだよ。
それに、小役を取るか取らないかでは、機種にもよるが、収支に大きく左右するからね。

まず始めに、軽く説明すると、パチスロの規則として、リールは最大4コマまですべるというのがある。
そして5号機の規則として、小役が取れる範囲で押した場合は、4コマまで滑らなくてはならないというのがある。
この2つの条件を念頭に置いておいてね。
4コマ?
4コマって絵柄が4個って事ですか?
スベリって・・・
自分が押したところよりもリールがズレて止まるって事ですか?
当たり前じゃない!
押したところで全部止まるんだったら、ビタ押しできる人は毎ゲームBIG揃えれるじゃないのw
パチスロは、リールがスベる事によって、成立した約を入賞させるのをサポートするのと、成立してない役を入賞させないようにしてるのよ。
まあ順を追って説明していこう。

では今回も、南国美人の公式シミュレーターを使って勉強しよう。


南国美人のリール配列はこうだったね。



そして、南国美人の通常時の打ち方の手順は、

①左リール枠内に赤チェリーを狙う
赤チェリーは単独では見辛いので、の絵柄を目安に狙うと狙いやすいよ。


②-1

ほとんどの場合がこうなる。中・右リールは適当打ち。


②-2
左リールに赤チェリーが止まったら、中・右リール適当打ち。


②-3

左リールがここまで滑ったら中・右リールにスイカを狙う。
スイカをそのまま狙うのは少し難しいから、見やすい絵柄を目安に押すんだ。



このケースで言うと、どんな手順で狙うとスイカが取りやすいかな?
わたしだったら、中リールの南国絵柄を目押し、右リールは赤7か青7をほんの少し早目に狙います。
そしたら、中リールは南国絵柄の2コマ上なので、勝手に滑って来てくれるし、右リールも、各7絵柄の1コマ下なので、少し早目に押しておけばかなり楽に取れます。
さくらくん。よく勉強してるね。
自分の見やすい絵柄を目印に押せば、ほとんどの小役が狙いやすくなるからね。
これはもう慣れろとしか言いようがないから、普段から通常時、ボーナス中とも、しっかり小役を狙いながら打つ事を心がけよう。
はい!
ついでにもう少し、小役狙いのメリットを補足しておく。

まず、枚数的効果でいうと、目押しが必要な小役(払い出し15枚)を1日に30回取りこぼしたとすると、取りこぼし枚数が450枚となり、これを等価交換で換算すると、9000円となる。
1日単位でこの金額だから、月単位、年単位だと、小役の取りこぼしがどれくらい損なのか解るだろ?
同じ条件だと、1日9000円・・・

1ヶ月27万円・・・

1年間だと・・・328万5000円!


ちょっとこれ、洒落にならない数字ですよ!
まぁ、今回の例は、小役狙い効果の特別高い機種を毎日終日打つ計算だからね。
実際にはありえない数字だからw

でも、「1日1000円分の取りこぼしでも年間36万の損」とか、「6枚役を1回取りこぼしたら、ジュース1本捨てたのと同じ」や、「15枚役1回でタバコが買える」という感じで、実際のお金に換算すると重要さがわかるんじゃないかな?
小役1回でジュースやタバコ、年間だとすごい金額に・・・
逆にいうと、今まで小役を狙ってこなかった僕はこんなに損をしていたのか・・・orz
それと、小役狙いにはもう1つの効果がある。
今回使った南国美人では、通常時のスイカはかなり確率が低いので実際には効果があまりないように見えるが、各設定毎のスイカの確率に注目してみると、かなりの差があるのが解ると思う。

設定1 1/873
設定2 1/873
設定3 1/873
設定4 1/655
設定5 1/655
設定6 1/436

設定1~3のスイカ確率が極めて悪く、設定6はずば抜けていて、4・5はその中間といった感じだ。
設定6は、設定1~3の倍の確率でスイカの抽選をしているということだね。

つまり、これも設定推測の要素になるという事だよ。
例を挙げるなら、3000ゲーム消化した時点で、スイカが10回落ちた台と3回しか落ちてない台だったら、かなり高設定への期待度が違ってくるからね。
大切な設定推測要素だから、しっかり測定できるようにしよう。

これは、南国美人に限った事ではなく、現行の5号機には通常時やボーナス中の小役確率に設定差が付けられているものが結構あるから、そういった機種で立ち回るためには、小役回数からの設定推測は必要不可欠と言っても過言ではないからね。
コインの枚数的効果だけじゃなくて、設定推測ができる機種もあるとは・・・
小役狙いってこんなに大事だったんですね。
僕も狙えるようにしなくちゃ勝てるようになれないな・・・。
小役狙いを身に付ける方法としては、できてもできなくても、毎回同じ場所(主にチェリー付近)を狙い続けること。
通常時の小役狙いの手順等は、市販のパチスロ雑誌等に書いてあるから、自分で手順が作れない人はそれを参考にしよう。
慣れるまでは、効果が薄い機種でもとにかく狙い続けること。
最初はめんどくさいと思うかもしれないが、そのうちすぐに慣れるからね。


スポンサードリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://saru7.blog97.fc2.com/tb.php/8-e8705840
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。